読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

by the way,

高田健太、キム・ドンヒョン、キム・ヨングクが残ったあああああああ(´;ω;`)

"지금, 우리" (Now, We) MV -恋×青×Lovelyz-

ラブリーズが高速カムバ。

ラブリーズの曲の中ではfor youやfondant、そしてこの前のWOW!が好きだったので高速で戻ってきてくれるのはとても嬉しいんですが、短いであろう準備期間のため、曲が微妙だったらやだなと思っていました…

が しかし!

新曲もよかった!! 


러블리즈(Lovelyz) "지금, 우리" Teaser


러블리즈(Lovelyz) "지금, 우리" Official MV

☆「恋する女性」というものを、今のラブリーズ(のメンバーとスタッフ)なりに音楽化、映像化してみたという感じ。それ自体はよく歌のモチーフにされるものだけど、MVで一番多く使われている色が水色っていうのが、今まで見たラブリーズと印象が違うなって思うところ。(そのほかにMVの中で印象的な色は黄色)

わたしの中のラブリーズのイメージカラーは白とピンクでした。

同時にその2色は清純さ、可愛らしさを売りにしてる新人ガールズグループの色っていうイメージ。あと「恋する女の子」っていう言葉から連想するのもその2色。とくにピンク。

☆今回の曲でのラブリーズを「恋する女の子」って書くか迷ったんですが、やっぱり「女性」ですね。

ラブリーズは2014年デビューなので、活動を始めて3年になるみたいです。3年ともなれば、JYPで言うところの「恋愛解禁」の節目になる。ラブリーズは別事務所だしグループの方向性を考えても公開恋愛できるのはもっと先になると思いますが、3年も仕事をしていればそのぶん色々なものを見るし、いつまでも何もわからないような「恋する女の子(キャピッ)」ではいられないですよね。そのへんの変化が曲や映像にも現れていておもしろいなと思います(^o^)

 

女性のほうから手を握ったり、焦れじれしたり、キスしたり。ミジュとスジョンには内から外へ出て行くというシーンもありますよね(そしてその時のふたりがすっごい綺麗!!)。ラブリーズというと、わたしは「INFINITEの妹分」というのが入り口だったのです。それに加えて今までの清純派コンセプトだったので、どうもラブリーズには「守られる妹」っていうイメージが勝手にありました。が、このMVを観てたらラブリーズ、攻めてる(^o^)

守られる存在から着々と脱皮していってる感じがする。妹グループ、弟グループも誕生するみたいだし。兄、姉になろうとする末っ子、もしくは一人っ子って感じかな?

後輩ができる時ってやっぱり意識が変わりますよね。春だな〜

 

☆それから歌の中に登場する「夢みたい」「嘘みたい」「本当みたい」っていうような不確かな言葉と、MVに出てくる眠るシーン、ハッと覚めるみたいな描写。

最初イェインちゃんがハッとする意味がわかりませんでした。むしろ寝てるのか起きてるのか、夢見てるのか現実なのか?

ラブリーズ(女性側)が攻めてると上に書きましたが、それは「本当はそうしたい」という願望で、その願望を夢に見てるのかも?

MVの後半のスジョンのソロパートのカットの時に、他の子みんな寝てますよね(-_-)

そのあと起きるけど、最後も歌い終わったあと寝ちゃうし。

和訳を見ていると、嬉しくて幸せだけど、本当に??みたいな探り探りの状態に見えるので、

ミジュ、スジョン、ケイ、ジス→積極的に行動したいけど まだできないので、理想の自分を夢に見てるっていう風にも取れるかも。

ベビーソウル→ひとりだけ恋のつらい部分(疑いとか焦りとか?)にのまれて悪夢を見てる?夢は願望の現れって言いますが、悪夢を見る時もありますよね。わたしは受験の時、勉強が不安すぎてヒーヒー言いながら勉強する夢を見ました。不安が強すぎる時は、理想の自分などではなく もろにその不安な事柄を夢に見る時があると思います。

ジエ→夢の中で花占いをして「好き」になってキャーって喜ぶ、超がつくほどの夢見がち。に見えた。おそらく一番乙女。

ジン→わたし的にこのMV最大の謎w泡ぶくぶくやってからのでっかいシャボン玉作りが何を表してるのかさっぱりわからない。

イェイン→夢を見るのとハッと覚めるのを繰り返している。ジンの次に謎。

☆もうひとつ思ったのは、これはメンバーひとりひとりのエピソードとして見るんじゃなくて、すべてが「恋の要素」なんじゃないかなあということ。

手をつなぐ、キスをする、かまってちゃんになる、外へ出て行く、新たな扉を開ける、夢を見る、花占いをする、イライラする、とくに意味のないことをしたくなる、っていうの全部合わせて恋なんだぜ☆」っていう説。わたし的に上につらつら書いたのよりもこっちのほうが腑に落ちる。

 

ところで…

 

イェインちゃんすごく可愛くなってる!! 1カット目のイェインちゃんがもう最高ですね(^^)可愛いだけじゃなく綺麗になってる!!

個人的に今回すごく素敵だな〜と思ったのはイェインちゃんとスジョン。

あとずっと泡ぶくぶくしてるジンさんw(年下なのにさん付けしたくなる雰囲気のある子)

あと椅子に座ってる男の子の耳が真っ赤でかわええw

あとやっぱり気になるのは「韓国にも花占いってあるんだなあ」ということです。

これ、せぶちのPretty Uの歌詞にも花占いが出てきた時にも思ったんですけど、韓国での花占いも「好き、嫌い、好き、」ってやるもんなのかなあ。歌詞とかMVを見るかぎり日本と同じやり方のようです。

 

音楽だけ聴いてみても、控えめに始まってサビで加速する感じも好きだし、胸の鼓動みたいにも聴こえるし、キラキラ〜って感じの音が多く入っていてそこも良い(^o^)

サビのケイちゃんはもはや頼もしい。

この曲好きだなあ〜〜〜 


러블리즈(Lovelyz) 1st Concert "겨울나라의 러블리즈" Teaser

ウリムの公式チャンネルをたどっていたら、ラブリーズのファーストコンサートのティザー映像を発見しました!ミジュの髪色が暗い!!

雪のお城の姫たちみたいな感じで良い感じ!でもなんで照明が落ちてくんだろう…ちょっと怖い(^o^)いいな〜コンサート行きたい〜

わたしはラブリーズのスタッフがちとうらやましい。その時その時に、彼女達に合うように曲を作ったりMVを撮ったり衣装やセットや小道具を考えるの、すごい楽しそう〜〜!!

f:id:doortodoor:20170503170010j:plain

ラブリーズのカテゴリー、作成しました!!

Now,Weの音楽番組活動も楽しみだなあ。

さらに、青には食欲をコントロールする効果があるそうなので、夜中に暴飲暴食をしそうになった時にはこのMVを観たいと思います。

最近観た映画のメモ

最近「外国の映画を字幕で観るか吹き替えで観るか」ですごく悩んでいます。

今までは「役者本人の声が聞きたい」と思って字幕を観ていたのですが、字幕だと字数の関係で本来の台詞の意図がわからなくなっていることが多いような気がしてきて。

とくにファンタジー系とか歴史ものとか、世界観や状況の説明が多く必要になってくる映画って、字幕で見るのは危険なんじゃないかと最近思えてきたのです…

なんとなく、ちょっと前に「ファンタスティック・ビースト」と「ミス・ペレグリン」を字幕版で観たあとに「これ吹き替えで観たほうがまだ理解できたかも」と思いました。ごくたまに英語が聴き取れることがあるんですが、聴き取れた台詞の内容と字幕で表示されてる内容が全然ちがうじゃねーか!!と感じる時があってですねw

それに字幕を読んでる間、役者さんとか画面に映っている他のものから目をそらすことになるので、細かいところを見落としてるんじゃないかとも思います。

でも吹き替えは吹き替えで、声の演技がオーバーに思える時が多くてなんかやだなって思うこともある。どっちにも良いとこ悪いとこあるんだよなあ〜。

なんだかもうとにかく、映画を観ても「話がよくわかんない」「この人がこの行動をする理由がわかんない」ということが多くて困っていますwちょっとでも多く理解したいんですけど。

ちょっとでも多く理解するにはどちらで観るのがいいんだ。

 

外国の映画を字幕で観るか、吹き替えで観るか。問題はつづく…

 

ということで最近観たものについて。ねたばれあります。

 

ひるね姫


映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』本予告【HD】2017年3月18日公開

色々、メカとか謎の生き物とか男の子とか女の子とかその家族とか近所の人とか、ほんとに色々なものが出てきて派手なシーンもたくさんあったのですが、最初のほうでココネちゃんが朝起きて朝ご飯作ってお父さんと一緒に食べるシーンが一番好きだった。

f:id:doortodoor:20170425003638j:plain

f:id:doortodoor:20170425003644j:plain

f:id:doortodoor:20170425003711j:plain

むしろココネちゃんの毎日を描くだけでも2時間観てられたと思う(^^)学校生活とかもっと見たかったな〜。ココネちゃん好きだ(^o^)

切迫した場面でも声がとろ〜んとしてて、ちょwと思ったけど。

夢なのか現実なのか寝てるのか起きてるのか、途中からかなり混乱しました。映画を観ながら頭で整理するのが苦手なので、途中から何が何だかわかんなくなってしまいましたとさ(^q^)

f:id:doortodoor:20170425003728j:plain

f:id:doortodoor:20170425003735j:plain

そしてケータイが可愛すぎる(^^)

(画像はひるね姫の公式ツイッターからお借りしました〜)

 

ブルージャスミン


映画『ブルージャスミン』予告編

はじめてウディ・アレン作品を観た。

見栄ひとつでここまで破滅していける人ってのも凄いなwと半笑いで観ていたのですが、これ、けっこう笑えない話なんだよなあ〜

彼女がこれから再スタートするのは無理だろうなって思う。あまりに彼女が救いようがない見栄っぱりなので、もうこっちが笑って茶化してちょっとでも重いものを軽く見ようとするしかなくて、謎の笑いが生まれました。観ているうちに。

「まともな人」って何、「普通の人」って何なのよ…。

 

ムーンライズ・キングダム


『ムーンライズ・キングダム』予告編

はじめてウェス・アンダーソン作品を観た。

12歳の男の子と女の子が、「僕たち私たちにはお互いしかいない」って思う状況って、幸せなんだか不幸せなんだかわからない。

最初はふたりの駆け落ちを可愛らしいものと思って観ていたんだけど、大人が描く理想の子ども像から逸脱した子どもって、こんなに孤独なもんなのかと思って、見終わったあとはどんよりした気持ちが残る。可愛らしい映像にだまされた感ある(-_-)

それからまわりの人の気持ちの変化の描写をあえてちゃんとしてないのか、それとも私が読み取れないだけなのかわからないけど、まわりの人が何をしても上っ面の行動に見えてしまって、それが余計にふたりの子どもの孤独感を増幅させてるような気がしてしまう。

 

リスボンに誘われて


映画『リスボンに誘われて』予告編

最初から最後までじーっと観てしまいました。派手な作りじゃないのに(ド迫力の映像!!とかそういうのが無い。風景はすごい綺麗) 何でこんなにじっと観ちゃうんだろう。人物ひとりひとりの目の力やしわでできる表情に惹き付けられるのかなあ。全員が、「この人 何かある」って思わせられるような存在感の強い人だったような気がします。

原題がNight Train to Lisbon。ラストシーンはお昼、スイスへ帰る列車の前で「ここに残ればいいのに」とこの旅を通して出会った女性に言われて終わる。最高か(^o^)

おもひでぽろぽろの終わり方とか好きなんだよな〜

主人公はリスボンに残ったんだと思いたい。というか私が校長だったら主人公をすでにクビにしているw

 

終わり

Junsun Yoo Choreography ft.YooA of Oh My Girl / Keeping Your Head Up(+追記)

突然見つけたこの動画。

OH MY GIRL ユアがフィーチャリングのダンス動画。

OH MY GIRLのメンバーとしてのパフォーマンスの時とはガラッと雰囲気の違うユアが見られますよ!

わたしやっぱりこの人の踊りが好きだな。とあらためて思った。

月並みな言葉になってしまうけど、ユアはダンスが好きなんだろうなと思う。

こだわるのも時間を使うのも身を削るのも、それが好きだとか負けたくないとか『執着』がないとここまでできないよなあ。でもって何かに執着できる人って強いよなあと思います。


Junsun Yoo Choreography ft.YooA of Oh My Girl / Keeping Your Head Up


Keeping Your Head Up - Birdy (Don Diablo Remix) / Junsun Yoo Choreography ft.YooA of Oh My Girl

ところで隣で躍るこの男性は誰だろう?

この人もユアと同じくすごく楽しそう。

と思い、ツイッターで検索してみると「ユアの兄」らしい。

え、本当に??と思ってウィキペディア先生やkstyleの記事を読んでみると、ユアのプロフィールのところに「兄はダンサーと振り付け師の仕事をしている。その影響を受けて高校からダンスを習い始めた。」と書いてあるんですよ。

え…本当にお兄様なの!!???

ユアたまのお兄様ということはお兄たまなの???

兄と妹ならば、男友だちみたいなノリで方を組んでるシーンが挟んであるのも分かりますね。

 

ところでちょっと前までわたしはユアのことをユアたまとこのブログに書いていました。が、最近なんとなく「ユアたま」と呼ぶことに違和感を感じ始めました。なのでユアたまって書いたりユアって書いたり呼び方が不安定になっています。

なんでユアたまって呼びづらいかっていうと、ユアたまっていうのは『OH MY GIRLのメンバーとして活動しているユアのこと』だというイメージが自分の中ではあってですね。最近ユアはソロで番組に出て躍ってたり歌ったりしているのが目立っていて、さらにお兄さんと本格的な振り付けのダンスを踊ったりしてて、『OH MY GIRLのメンバー』というよりは『個人』でも活躍してるからだと思うんです。OH MY GIRL以外の曲でのパフォーマンスしているのはユアだけどユアたまではないなって思ってしまって、何て呼んだらいいのかわからなくなるんですな。

だから何だって話なんですが。

 

曲自体もとてもとても素敵〜。


Birdy - Keeping Your Head Up (Don Diablo Remix) | Official Music Video

 

他にもユアたまが出たダンス番組(?)を見つけました(^^)

お気に入りなので貼っておきます〜!

 犬と猫


[Hit The Stage][Stage Focused] U-Kwon X YooA, Cat♡Dog 20160810 EP.03

犬と猫の擬人化ダンス(^^)

面白くて好き〜 

 U-Go-Girl


Golden Tambourine 유아! 쏘뷰티풀~ 큐티섹시 뿜뿜 ′유고걸′♬ 170112 EP.5

これはユアたまだわ!なんかすっごいユアたまだわ!!

可愛い…(^^)歌も歌えちゃうんだぜ!!

 

f:id:doortodoor:20170422013244j:plain

こんな風にOH MY GIRL以外の場所でも躍ったり歌ったりしているユアたまを見ていると、OH MY GIRLでの活動を終えた後はどういう道に進むんだろう?とか考えてしまう…。おまごるも「デビューしたばかりの新人」という時期は過ぎましたし、そうなるとこれからのことが気になってきますね。

これ書いててわかったけど、わたしは踊りが好きなメンバーが好きなんだと思う。

今まで推しメンが決まる時に「ダンスがうまい」っていうのがけっこう大きなポイントになっていたんだけど、ダンスがうまいってことはダンスが好きってことだと思う。好きから始まったのが執着というところまで育ってるんだと思う。

推しメンは顔で決まる場合もあるけど、たとえばメンバー個人のFancamで最後まで見ていられるのは、顔が好きな子じゃなくて踊りが上手い子なんだよなあ。あと表情がいろいろ変わる子!顔が整いまくってる子は表情の種類が少ない子が多いような気がする。まあ美男美女はそれだけでも様になるのかもだけど(-_-)

躍りが好きで、表情を変えられるような余白(余裕?)がある子が理想の推しメンかも!!

 

ではでは、おやすみなさい。

 

------追記------


[OH MY GIRL] SKETCHBOOK EP.22

アーーーーーー!!!!メイキング アーーーーーー!!!

兄ちゃんに踊り教わるユアたまが可愛すぎる(^^)でも躍るとかっこいい!!

兄ちゃんもイケメンだなあ。この兄妹 推すしかない。