by the way,

長くなりすぎたので、最終回でのステージの記事を分割&追記中です〜

アイドルの音楽番組、コンサートについて

このブログを始めたのが去年の11月なので、先月で1年が経ちました。1年好きなものを追っていれば、見えてくるのは良いところだけじゃありません。

この記事はほぼ愚痴みたいになる可能性があるので嫌な方は読まないでくださいね…

文字ばっかで当ブログにしては長くなりそうなので目次を。

さてさて本日のブログは〜

1,音楽番組の話 (要約:曲の雰囲気を壊してまでアイドルの生歌を聴かせないでほしい)

2,コンサートの話 ( 要約:コンサートでノリノリになれない人がアイドルのコンサートに行く意味)

3,アイドルと歌手は別のもの?(要約:歌を届けられるコンサート会場を選んでいるか)

4,ライブビューイングが最高 (要約:ライブビューイングが最高)

5,自分に合ったファン活動を (選べばいいじゃない)

6,書いてみてわかった、アイドルのコンサートを楽しめなかった理由

の6 本です〜〜〜

 

ではでは いっきまー〜〜〜す 

 

1,音楽番組の話

最近出た曲でお気に入りの3曲がありまして〜

SEVENTEEN 「BOOM BOOM」

f:id:doortodoor:20161218215450j:plain

PENTAGON「Can you feel it」

f:id:doortodoor:20161218215537j:plain

MOMOLND「JJan! Koong! Kwang!」

f:id:doortodoor:20161218215742j:plain

の3曲です。現在この3組が同時に活動中なのでなんて楽しいことだろう!!と楽しみにしていたので     す    が  

ちょっと気になることがあって素直に楽しめていません。

 

気になること というのは

なんで歌えないのに生歌部分多めにするの?ってことです 。

これはせぶちとペンタゴンに関して。そしてこの文句はメンバーではなく番組スタッフに向けてのものです(^^;)

誰が歌えてないか?って段階の話ではなく、ほぼ全員生歌を聴かせるにはまだ早いと思うのです。というか若いボーイズグループは特にダンスが忙しくできてて、おそらく振り付けを考える際に「歌をちゃんと歌えるように」とは考えられていないと思う。

歌をしっかり歌いたいのならMAMAMOOくらいの振り付けに押さえないといけないのでは。


Music Bank 뮤직뱅크 - MAMAMOO 마마무, Decalcomanie 데칼코마니.20161125

この曲、MVで聴いた時はいまいちだったのですが、音楽番組見てから好きになった(^o^)ソラちゃんからキュートさが薄まってなんかセクシーになってしまった〜

 

話を戻して

せぶちとペンタゴンの音楽番組を観ていると、正直せっかくの良い曲が台無しになるほどの不協和音がたびたび聴こえてる。かぶせの音と、音外してる生歌部分が合わさり ハモリに失敗したみたいになってる。 かぶせの音を小さくして臨場感のある生の声を聴けるようにするのはまわりの大人(音楽番組のスタッフ?)の意向なんでしょうが冷静に状況を見てくれよ…。

アイドルで、しかもダンスパフォーマンスに力が入っているんだから生歌聴かせる必要なんて無いと思います。最初から上手ならどんどん見せてくべきだとは思うけど。

EXOのMonster だって無理に生歌部分を大きくする必要ないと思うんだ…。そもそも生歌が合う曲と合わない曲があると思うし。Monsterを生歌でちゃんと迫力出すのにどんだけの歌唱力が必要やと思っとんねん…。

 

楽しげな曲、可愛い曲で音外すのはまだマシと思うんです。良くはないけど。

でもかっこいい曲とか、なんかダークな曲で音外すって致命的に曲の雰囲気を壊すと思うんですよ。だから相当に歌唱力に自信があるんでもないかぎり、口パクにして、ダンスや表情づくりに集中したほうがいいと思うんですよ〜!!

 

好きなアイドルがかっこいい曲において音外してる姿など見たくないですよね。

間違えちゃったてへぺろ〜☆ですむ感じの曲ならまだ救いがあるんですけど…。

 


[HOT] MOMOLAND - JJan! Koong! Kwang!, 모모랜드 - 짠쿵쾅 Show Music core 20161126

MOMOLANDはせぶちやペンタゴンに比べて生歌部分とかぶせ部分のバランスが良い気がします。音楽番組にもよるかもしれませんが。もしかしたら音響スタッフがたいてい男性で女の子を贔屓してるのかもしれませんw せぶちやペンタゴンの収録・編集の時にそのへんのバランスを調整する人がどうせ男だからな〜と手を抜いてる可能性もありますw何でもないです すみませんでした。

MOMOLANDも番組によってはひどい時あるので、ちゃんと平等ですw

最近おかっぱの子が気になってしょうがない(  ^o^) 

 

あ、でもせぶちのドギョムは素直にスゲェ〜と思いました。せぶちは歌が不安定な子にはかぶせの音を大きめにしているっぽいですが、かぶせの音を小さめにされてる子ががっつり音外してて目立ちます。ラップとか

 ドギョムは安定してる気がする。えらい!

 

日本は「へたくそな子が上達していく、おいもちゃんが垢抜けていく過程を追うのが醍醐味」みたいなところがあるのでへたくそでも許されますが(その状況がぬるま湯を作ってとくに何も開花しないままアイドル活動を終える子も多い気がしますが)、韓国のアイドルってみんな練習生期間を設けてるじゃないですか。「何年も練習生期間をやって、デビューする時には完成形である」ってな感じで事務所自らハードルを上げてますよね。ダンスに関しては上げたぶんのハードルに見合った状態でデビューしてる気がするのですが、歌に関してはデビューして何年もたってる中堅以上のグループでさえ平気で音外します。アイドルが生歌を聴かせるということ、そのための練習をすることに韓国はあまり重きを置いてないのでしょうか。

「韓国は」って言うと語弊がありますかね。わたしは日本のアイドルでがっつり追ったことがあるのはハロプロとw-indsだけです。ハロプロとw-indsは「アイドルが生歌を聴かせる」ということに重きを置いていて、そこに個性がある気がします。

w-indsの最初のツアーのDVDを持っているのですが、まだ中学生くらいのボーカルの橘慶太が(おそらくギリギリ声変わり前?)が声ガラガラにしながら最後まで歌ってる様子に感動したものです( ;∀;)ただ他の日本のアイドルはよく知りません。

 

んんんん、でもよく考えたら

歌に関してはデビューして何年もたってる中堅以上のグループでさえ平気で音外します。と書きましたが、これは日本も一緒ですね。歌に重きを置いてるハロプロでさえも、歌えない子はずっと歌えないか…。上手い子が上手いだけで。

ハロプロのコンサート映像を見ていると、「歌詞を間違えてる」「歌詞を忘れて無言になる」っていう場面を見ることがあります。生歌ゆえのハプニングですね。こういうの韓国でも見られるんでしょうか?まだ見たことない…っていうか、韓国語は外国語なので歌詞間違えてても見抜けないなわたし!ただ無言になるって場面は見たこと無いです。

まあでも、日本のアイドルも韓国のアイドルも、全てのグループをくまなく見ているわけではないので、むしろかなり偏って好きなものだけ見てるので、「日本はこう」「韓国はこう」と決めつけるには情報不足ですね(^^)

 

ただ韓国は海外に売り出すことが前提にあるため、言葉の壁が生じてくる歌よりも、言葉が違っても伝わるダンスを重点的にやるものなのでしょうか。歌が下手なのをごまかす方法はいくつかあるけど、ダンスが下手なのはステージに上がらなければいけない以上ごまかしづらいもんなあ。

 

2,コンサートの話

わたしはアイドルが大好きでありながらライブ、コンサートに行かないことにしています。お金を使わない、何の利益も生まないファンです。一回も行ったことがないわけではなく、過去にはモー娘。のライブも行きましたし、EXOのコンサートにも行きました。

行った結果「払ったお金ほどの価値があったのか」と疑問に思ってしまったのです。その後は行ってません。

モー娘。に関しては「いつのモー娘。か」というのがけっこう重要だと思うので(メンバー入れ替わり制なので)書いておきますが、プラチナ期と呼ばれるメンバーがぽつぽつと抜けて行き、若いメンバーが次々に入ってきた頃です。つまり新人だらけで全体の歌唱力がプラチナ期より劣る時期。にも関わらずコンサートで披露した曲はなぜかバラード曲が多かった。せっかく若い子たくさん入ったんだからもりもり躍ってイェーイ!!みたいな楽しい曲で固めた方が良かったんじゃないかな…。つまり物足りなかった。

 

EXOのコンサートは去年かな?わたくしレイ推しなのに「レイは個人スケジュールの都合で参加しません。払い戻しはありません。」という連絡が来て「…………………………………………え? ^o^ 」ってなった思い出があります。

日本のファンなめられてるな〜とか、そんな勝手な言い分が通るほどBIGなグループになったのか〜とか、レイさんがグループに所属してる意味とは…とか、レイさんのダンス見られないのか〜( ;∀;)とか色々思いました。

でも普通に他のメンバーも生で見たかったし、カイくんのダンスも見たかったし、行ってきました。

結果的にモー娘。もEXOも「次のコンサートも絶対行こう!!!!!」と思うことはありませんでした。

 

何でだろ…と思い返してみたのですが、まず一番の理由が

自分自身がコンサートで盛り上がれない体質だから

だと思われますwそしてそれは

一緒に行く友人、知人がいなくて大抵1人でコンサートに参加している

からだと思いますwww友達が一緒に行っていたライブではそこそこ盛り上がることができました。でも1人だと、基本棒立ちで手拍子が限界です(   ^o^)ほんとは座ってのんびり聴いてたいくらいなんですが、周りが立つので自分も立たないとステージが見えない。

 

こういう、曲を聴いて自分が体を動かすことも、かけ声をかけることもできない人がアイドルのコンサートに行って何が楽しいか、っていうと(^^)

あとはもうコンサートに行く意味としては

歌を聴く。

ダンスを見る。

アイドル本人の姿をカメラ越しではなく自分の目に映して感動する。

 

ではないかと思うのですが、実際会場で感じたことは

歌を聴く。→生歌なのか何なのかわからないほど音が悪い。(会場や席の位置のせい)

ダンスを見る。→遠くてろくに見えない(EXOとか豆粒だった。これはわたしが無知だったんですが双眼鏡を持って行かなかったwまわりは皆もってた)

アイドル本人の姿をカメラ越しではなく自分の目に映して感動する。→遠くてろくに見えない2。けっきょくモニターを見る。コンサート会場ではできれば映像ではなく本人を肉眼で見たい。

 

ハロプロは生歌なのが良いみたいなことを書きましたが、わたしが観に行ったモー娘。のライブでは、生歌かカブセかその他かわからないほどに音が最悪でした。席が良い位置じゃなかったのもありますが。売りであるはずの「歌」の部分がもの足りませんでした。あープラチナ期のコンサート行ってみたかったな。

(あっでも書きながら思い出したのですが、EXOのコンサートでボーカル組がバラードを歌う場面があって、そこは歌声メインで後ろの音が小さかったのでよく聴こえて良かった記憶があります。たしかチェンの高音が凄まじかったような!!)

 

一度 玉置浩二さんのコンサートに行って衝撃を受けました。

それまでアイドルのコンサートにしか行ったことがなかったのですが、玉置さんの歌を生で聴いて「こんなに端の席でも歌がちゃんと聴こえるんだ」「こんなにしっかりとマイクに声が乗ってこっちまで届くんだ」と驚きました。

観客の年齢層も高めで、基本棒立ちのわたしでものんびり楽しむことができました。

アイドルのコンサートの話(愚痴)してる時に玉置さんのコンサートを引き合いに出すのもどうかとは思うのですがw

 

アイドルのコンサートに関しての愚痴ばっかですが、これらはすべて良い席が当たってたら帳消しでしたよw目の前でメンバーを見られるなら音が劣悪だろーと生歌であろーとなかろーと何でもいいよ!!ダンス見られるし!!

 

 3,アイドルと歌手は別のもの?

やっぱり基本的に歌手とアイドルは一緒くたにはできない気がします。

玉置さんのコンサートで感動できたのは、本人の歌唱力はもちろん「歌を聴かせるための会場選び」がされていたからだと思います。(席が良い位置ではなくても、ちゃんと会場を選び音響設備が整えられていれば歌はきれいに聴こえることがわかりました。)

一方わたしが行ったモー娘。のコンサート会場の音は最悪でしたし(前述のとおり座席の位置が悪かったというのは言い訳になりません)、EXOがやった東京ドームは本来野球場です。会場選びの時点で生の良い歌を届けるつもりがないのがわかります。(他のものをメインで届けるつもりだったのでしょう。) 少なくともこれは「歌手」がやることではないんじゃないかなあ。アイドルとしてなら別に良いと思いますけどね。

しかし、中には「じゃあこの子はアイドルグループに所属してるから歌手ではないんだね?」と聞かれると困ってしまうくらい歌が魅力的なアイドルの子もいるのですが…。

(モー娘。高橋愛ちゃん、田中れいなちゃん、ガキさん、亀ちゃんがプラチナ期の歌を引っ張っていたメンバーだと思っているのですが、このあたりの線引きが難しい。若手だらけの現在のハロプロにもおお〜!!って思う子もいるしなあ…)

とりあえず歌声で人の心を動かしたなら、アイドル関係なくそれは歌手だってことかなあ〜〜。とも思うのですが、自分を歌手だと思うなら、コンサート会場は歌をちゃんと届けられるところを選ぶこだわりを持ってほしいです。

 

そんなわけでその後はアイドルのコンサートには行かず、自宅でYoutubeを見てひっそり観察する生産性のないファンになりました。

でもやっぱ現場に行きたい。でもまたガッカリしたくないし…ということで色々今までのことを思い返した結果、たどりついたのは結論がこれ↓

 

4,ライブビューイングが最高(     ^o^)

ライブニューイングに行ったのは覚えてる限り2回。

モー娘。田中れいな卒業コンサート

 MAMA2015

これはふたつとも、行って良かったと感じました!!

大画面でメンバーを見られるし、音は映画館の音なので大きくて臨場感がある。 別の場所でリアルタイムで起こっていることだという感じもあって、これは本当によかった。

MAMAの時は終電を逃しましたが後悔してませんw

わたしのような、コンサート行っても叫べない、体を動かせない、でも家で動画見てるだけではなんか嫌 どっか行きたいという方がいましたらライブビューイングおすすめですよ!値段はコンサートの半分でしたが満足度は倍でしたw

 

5,自分に合ったファン活動を

アイドルでもアニメでも劇団でも何でも、何かを追うためにけっこうなお金を使うという事は人を応援するということであり、それは人を応援し自分を後回しにする余裕を持っている人にしかできないと思います。そのぶん自分のことにお金を使えなくなるからです。また、基本的に人の応援をしても自分が何か新しいものを得ることができると思えないので、それを大金払ってやるって凄いなと思い、一方で少し心配でもあるのです。友人たちを見てると。

しかしその友人たちはそんなわたしを「趣味に使うお金をけちるほど余裕ないんだ、かわいそう」と哀れんでいるかもしれませんw

人を応援するためにお金を使うことを 自分のために使うと捉えられる人もたくさんいると思いますが、残念ながらわたしには無理でした。できれば自分のことに使いたい。これは自分が不安定なところにいて人を応援する余裕がないからかもしれません。家でYoutubeを見て、どうしても見たい時はライブビューイングに行き、マイペースにブログを書くのが自分に合っているようです。ファンの形も人それぞれですね。

 

6,書いてみてわかった、アイドルのコンサートを楽しめなかった理由

5で書いた「応援してる」って感覚が強いのはアイドルの特徴な気がするんですよね。

アイドル俳優とかも含めて。

玉置さんのコンサートは「応援しに行った」のではなく「歌を聴きに行った」。そして目的が満たされて満足できた。

私が行ったアイドルのコンサートは「歌とダンスを期待して行った」。そしてその目的は満たされず、不完全燃焼で帰って来た。アイドルを「応援しに」行っていれば、こんなにガッカリすることもなかったのかもしれません。そう、わたしが会場でかけ声を叫び、ファミリー席ではなく1階のスタンディング席に行って飛び跳ねることのできる人間だったら、楽しめたのかもしれません!!(^q^)根本が間違ってたんですかね。

アイドルは、歌やダンスの未熟な部分(←本人の能力も、会場の不備も含めて)をファンの応援(愛?)で埋めることで完成形になるのかもしれません。

 

これで来月 アイドルのコンサート行ってきましたー!!みたいな記事書いてたら笑いますけどね。

思ったこと書けてスッキリしました。

長々と書きましたがもしも最後まで読んでくださった方がいらっしゃったら、どうもありがとうございます。

おやすみなさいませ。月曜がくるうう〜〜〜〜

 

この記事と関係ないんですが最近よく聴いてるSHINEE の曲をペタッとします。

最後のサビのオンユの歌声がめっちゃ好き。

そんなわけでオンユ推しです。変換するとき温湯って出て来ます。


SHINee 샤이니_Tell Me What To Do_Music Video