by the way,

あのアルバムも、このアルバムも良い〜〜〜〜〜。

坂道とミュージックビデオ

書いてたら何だか長くなってしまったので

もくじ

1,欅坂46 W-KEYAKIZAKAの詩

2,乃木坂46 君の名は希望

3,乃木坂46 好きな曲&MVベスト3

4.乃木坂と欅坂にハマってわかった、私がハロプロを苦手になった理由

5,欅坂46 不協和音

 

前から乃木坂、欅坂について書きたい~書きたい~と思ってたんですが、うだうだしててできずにいました。しかし欅坂のこのMVが公開され、坂道について書きたい!!の気持ちが爆発( ^-^)ノ

1、欅坂46 W-KEYAKIZAKAの詩


欅坂46 『W-KEYAKIZAKAの

なんていうか、今の自分を肯定したいと思えたし、欅ちゃんたちにとっても、「欅坂に入った自分」が本人たちの望んだ姿なんだろうなぁと(そうであってほしい)と思いました。
拙い行進とか、トイカメラみたいな色味とか、引きの映像とか、あと単純に曲自体も良いとか、色々と好きなポイントがあります。人数多いことが活かされたMVだし、仲間に入れなかったねるちゃんを欅坂のメンバーが手を引いて連れていくところや、平手ちゃんが「欅坂メンバーにならなかった自分」とすれ違い、歩みを止めて後戻りしてしまうところ、そこに欅坂のメンバーが迎えに来てもとの場所に戻っていくところとか、見ててうるっとしてしまいました。もう平手ちゃんにとってもとの場所欅坂46になってる。一般人だった平手ちゃんには戻れないんだな…とちょっと怖くもある。

 

坂道の曲を聴き、MVを観るようになったきっかけは、まず乃木坂46

乃木坂の魅力ベスト3を決めるとしたら、「MV」が必ずどこかに入ってくると思う。

その時のメンバーをすごく丁寧に切り取って映像に残していってる感じがします。

短編映画観てるみたいな気分。そんな中でも、とくに好きな3曲があります。

 

一時期AKBが好きで、でもそのあと沈静化して、KPOPを聴くようになって日本のアイドルからかなり離れてた頃…

乃木坂46のこのMVを観ました。 

2, 乃木坂46 君の名は希望


乃木坂46 『君の名は希望-DANCE&LIP ver.-』Short Ver.

このあと乃木坂の楽曲で好きな曲&MVベスト3を勝手に発表しますが、君の名は希望はもう殿堂入りです(  ^^ )

わたしの中の乃木坂のイメージってこれだなあ。ピアノの音で始まり、どこか寂しげで儚げで、おとなしい人が主人公の曲。最初に生駒ちゃん、生ちゃん、みなみちゃんが歌うのですが、この3人の最初の一声が曲のイメージを決定づけてる感じがします。ちょっと弱々しい。でもサビでは合唱になりちょっと強くなる。

この頃のちょっと細すぎで髪も短くて幼い生駒ちゃん(センター)が、なんとも守らなければ!という気持ちにさせます。それが歌に出てくる登場人物とすごくリンクして見えます。透明人間〜のところのなあちゃんもいいなあ。

テレビで取り上げられる時に「乃木坂のコンセプトは清楚」だと言われてますが、弱さじゃないかなあ〜って気もします。もちろん清楚は清楚なんだけど…。弱さのある人物が出てくる歌だからこそ、あのちょっと弱々しい(強い人もいるけど)メンバーの歌声がはまるんだと思う。AKBの曲を聴いてると「たかみなの声だけめっちゃ聴こえる^o^」とか「こじはるの声目立つ」とか思うことがあったんですが、乃木坂にはそれが無い感じ。歌の芯になる人をあえて置いてないような気がします。そういう人を作ってしまうと「君の名は希望」とか、ベスト3に出てくる曲たちの世界観に合わないとも思う。

上手に歌うものじゃないんだよな〜

 乃木坂の弱い、儚げなイメージの部分にとくに大きく関わってるのって、生駒ちゃんとなあちゃんじゃないかな?と思います。

 

3, 好きな乃木坂曲&MVベスト3

「釣り堀」

乃木坂46 『釣り堀』Short Ver.

乃木坂名義ですが、なあちゃんこと西野七瀬のソロ曲です。

Shortバージョンでは曲の1番までで、恋愛のことで傷心のなあちゃんが、地味めな服装で釣り堀にいますが、2番からだんだん服装が変わっていきます。よく食べたり、積極的に話しかけるようになったり、おしゃれをしたり、釣り堀で癒されたのか(?)なあちゃんがちょっとずつ元気になっていきます。きっとまた素敵な恋愛ができるんだろうなあと思えて、素敵な曲です。なぜかこっちが癒される。にしても何で釣り堀なんだろうw

乃木坂というグループはメンバーが歌のプロではないことを逆手にとって、それを活かした曲を生み出して行ってる気がします。なあちゃんのこの歌も、歌のスキルを駆使して上手に歌うのではなく、ちょっと語りに近いような、なあちゃんの自然な声で歌うことで魅力が増してる気がする。乃木坂の曲は「こんなことがあったの」とお話を音にのせて聴いてるような気持ちになることが多いです。

 

「大人への階段」 

乃木坂46 『大人への近道』予告編

最後に入るピアノのイントロと 港を歩く堀ちゃんときいちゃんの映像がぐっときます。

きいちゃんの横顔(ななめ?)と怒ったような顔にドキッとするし、堀ちゃんもCGのように綺麗です。

歌詞はなんというか「恋愛に奥手な子はいるだろうけど、そこまでの子っている?」って思わなくもない感じですが…。パパやママの望む良い子でいようって のあたりとかとくに。どんな家?まあ探せばそういう子もいるか!

フルで聴いたのですが、堀ちゃんの歌い方がすごく歌の中の女の子像にあってて好きです。逆にこの曲で歌を上手いっぽく歌っちゃうのは違うんじゃないの?って思うんですよ〜。君の名は希望でもそうなんですが、ぽつぽつ話すみたいに歌うのがぴったりとはまる歌なのに、歌上手なほうですよというアピールなのか分かりませんが明らかに浮いた歌い方してる子がいる…。

何回聞いてもなぜこの歌い方でGOサイン出たのかが不思議なんだよなあ〜。

 

「羽の記憶」 


乃木坂46 『羽根の記憶』Short Ver.

合唱祭で歌いたかった(^o^)

なんでか何回も観ちゃうMV。

みんなべらぼうに可愛いです(^o^)個人的には生駒ちゃんと飛鳥がすっごい。すっごい可愛い。メンバーが可愛く、綺麗に撮れてる。それがまず尊い

ななみん×コインランドリー、みなみ×ゲーセンがツボw

バラバラになりそれぞれの暮らしを送るメンバーが、それでも歌と踊りを覚えている。本人もびっくりなほどに(^o^)

みんなの10年後、どうなってるんでしょうね。別々の場所にいるだろうけど、こんな風に乃木坂の歌や踊りを覚えてて、曲が流れたらつい歌っちゃたり躍っちゃたりするのかな〜。逆に全て綺麗さっぱり忘れてる猛者もいそうで怖いw

 

と、欅坂と乃木坂について書いていたら、なんとなく気付いたことがあるのです。

4, わたしが最近のハロプロを苦手になった理由

最初に結論を書くと、そのように感じる最大の理由は私の心の狭さ、余裕のなさですw

乃木坂の曲の弱々しさ(儚さ?)、優しいピアノの音、欅坂の曲で表現されている大きな力( 大人とか社会とか同調圧力とか)への抵抗、物語の要素、丁寧なMVへの向き合い方、そういうところを好きになったのに対して、ハロプロの曲を聴いてるとなんか偉そうだな年下なのに(^o^)って思うことが多くてですねwくっだらないですねw

そう感じるのにはどう考えてもハロプロ全体の低年齢化が関係していそうですw

 

わりと最近のハロプロ曲で好きだったもの

モー娘。 one,two,three (最近…?),愛の軍団

アンジュルム 大器晩成

カントリーガール 愛おしくってごめんね,わかっているのにごめんね, 恋泥棒,恋はマグネット

℃-ute 心の叫びを歌にしてみた,都会の一人暮らし (最…近…?)

 

こんな感じ。これ以降の曲はチラッとyoutubeでMVを見て、すぐ閉じる もしくは忘れるといった感じ。友だちが「飛沫サタデーナイトいいよ!!」「まりあ可愛いよ!」「生田の歌う文字数が増えたよ!!」 と教えてくれても、同じテンションになれない…。悲しい。

たしかにまりあちゃんは可愛いし生田の文字数おめでとうって感じなんだけど、誰が可愛くてもスタイルが良くても歌割が増えても、その曲を好きになれないと興味を持ち続けることはできないんだなあ。飛沫は聴いてみたけど全然好きになれなかった。友と気持ちを共有できない…。

 

数字がうしろにくっつくようになったあたりからのモー娘。の曲って、(どの曲か忘れたのですが)ちょこちょこ偉そうなのが引っかかるんだよなあ。説教くさいというか。あと 妙に多い「普段地味な女の子だけど実は」っていうの。いやモー娘。に限らないかな。それ自体は今に始まったことじゃないとは思うんですけど、それを歌ってるのが年上か同年代か、年下かでけっこう聞こえ方が違うと思うんですよ。説教くさいのを年下に歌われるのはちょっとなあ…。

まあ歌詞を書いてるのは大人のひとなんでね。大人から若者への説教をハロプロメンバーを通して聞いてるような感じ。それをメンバーがドヤアって歌うので、本当はメンバー本人が悪いんじゃないんだけど「な…なぜ君に説教されねばならんのだ!!」みたいな気持ちになり。しまいには見ないようにすることに…。一番致命的だったのは出てくる新曲、新曲のメロディやMVがまったく自分に響かなかったことだけど。

 

上に挙げたカントリーガールズの曲を素直に好きだと思えるのは、説教の要素がなく、歌ってる内容もメンバーもただただ可愛いからです。そう、これなんだ。私はアイドルに説教されたいんじゃない、「可愛い〜〜〜」ってニヤニヤできればそれでいいんだよ!!

 たまに歌詞がグサッて刺さることもあるけど!いいこと言ってる時もあるんだけど!

現実の社会の中で説教受けたりして疲れてるから、アイドルに癒しとか萌えを求めて観ることが多いの私は!「○○ちゃん○○くん、助けて〜癒して〜」って。なのにそこで説教かまされたら「見なきゃよかった」ってなっちゃうのよ…。

 

それから、AKB系列の歌ってだいたいいつも歌詞に出てくる人って「僕」じゃないですか。ハロプロってだいたい「わたし」で、さらに「君は」とか「君も」って投げかけてくる印象が強いんです。これも偉そうと感じる理由のひとつかなあ…と。

欅坂が、「僕はこうでこうで、ああで…」っていう歌なら、

ハロプロは「わたしはこうでこうで、君はこうでこうで…」っていうイメージ。

そう。ハロプロは聴いてるとなんか巻き込まれるのである。

欅の歌は「あ〜この歌の主人公はこうなのか…わたしはどうだろうな〜」と自分で考えたり考えなかったりするんですけど、ハロプロは「君は」って名指しされる感じがあるんですよね。それに妙に気負った歌詞がくっついてくるから、もういいです…ってなってしまう。

 

あと、何かの音楽番組でモー娘。ワンツースリーのパフォーマンスをしているの見たんです。そしたら、まーちゃんが「大好き大好き大好き」のところで振り付けをちょっとアレンジして躍ってたんですね。大きく違うわけじゃなくて、脚をちょっと工夫したんです。それが私はすごい好きだった。同じ振り付けをする中で、ちょっとアレンジを入れてくるメンバーが私は大好きであるw

でも、アレンジすることがメンバー間ではあまり良しとされてないっぽいと聞いたんです。モー娘。って一時期(今も?)フォーメーションダンスって言葉を推してて、全員で1つの形を作ったり、動きをそろえるってことを売りにしようとしてたので、そのせいもあるのかな。実際どうなんでしょう?まーちゃんのアレンジはメンバーやスタッフにどう思われてるのかな。

私はまーちゃんのアレンジが好きなのに、それが思うようにやらせてもらえないのが今のモー娘。なんだとその時思っちゃったんですよね。そしたら余計に興味が失せてしまった。だって揃っているのを売りにするほどは揃ってないし(kpopである種 狂気的なまでに動きを揃えようとしてくるのを見てしまったので余計にそう思う) 面白いメンバーがいるのに先輩後輩の力関係がすごかったり、妙にきつく当たられるメンバーがいたり(愛を感じないいじり という一番嫌なやつ)、ダンスに関しても同調圧力が強くて思うように動けてない感じがしてしまった。同調圧力…との…戦い…

と言えば?

それでは欅ちゃんの新曲を貼って寝ます。おやすみなさい。

5,欅坂46 不協和音


欅坂46 『不協和音』

踊りだせえ…と思ったのに、何回か観るうちに「かっこ…いい…?」と思えてきた。

サビが何て言ってるのかまるで聴き取れないけどなんかかっこいい。これが音楽番組だとどうなるのか、楽しみのような恐いような。

MVを観てると平手ちゃんはもちろんなんだけど迫力のある表情する人が増えて来た気がする…!

とくに守屋さん怖かっこいい(^o^)オダナナちゃんも。

ねるちゃんの台詞が平手ちゃんに比べてふわっとしてるのが最初はどうにも気になったのですが、逆にもっと欅坂っぽい恐い表情しろ〜とか緊迫した声を出せ〜とか欅ファンに言われても思われても、いつものねるちゃんの声と表情を貫いてるのが、不協和音で歌ってる内容そのものじゃないでしょうか?そう思うとあえてねるちゃんに強い表情や声を出させてないのかも。みんなが平手ちゃんのようである必要はないんだから。

まあ ねるちゃんの台詞のところで心の中でずっこけるのも事実なのですが(^^;)

f:id:doortodoor:20170331022728j:plain

最近すっかり平手ちゃんのファンになってしまった(   ^o^ )