【プデュX 】ポジション評価・말해 Yes Or Noチーム

 말해 Yes Or Noチーム

f:id:doortodoor:20190619025345j:plain

f:id:doortodoor:20190619025347j:plain
もうひとつのラップポジ、バーコードチームの地獄のように気まずい練習風景&本番ステージを観た後にこれを書いてるので、Yes Or Noチームが天国のように見えます…

最初はこっちのチームもシーンってしてたのに何でこうも違うのか。

 と その前に。

こめかみハートくん(ジェフンくん)が本来ボーカルだったということに驚いたw令和一驚いたw(れいわって変換しても出て来ないので一文字ずつ変換しました)

ラップだと思ってた。プデュ始まってから歌ってないとのこと。事務所別評価の時もラップしてなかったっけ?

そんなこんなでラップ実力者のスンヨン&ドヒョン+下位だったため好きな曲が選べずラップポジになってしまったボーカルこめかみハート&キムソンヨンくんの4人がyes or noチームになりました。

キムソンヨンくんは「ラップは一番避けたかった」 とのこと。

問題はラップは作詞しなきゃいけないことですよね。作詞したことないとむずかしい。

そこでスンヨンくん「作詞はテーマ決めたほうがやりやすいと思う。こんなのどう?」と案を出す。しかも声高めで笑顔でそれを言ってる。(威圧感なし)

ほんと尊敬するんだけど人として…。というか社会人として。新人研修で流してほしいこのチームの映像。

ドヒョンくんもスンヨンくんが言ったことに対して「あ〜」と声出しながらうなずいてたり、はっきりと「完成度の高いステージにしよう」と言ってる。明確!

(このチーム、練習で色々指摘されて改善してリハで先生達にすごく褒められるのですが、その後にも「もっと完成度を上げて〜」と話してるんですよ。志がめっちゃ高いのにギスギスはしていない。楽しくやってる感じでほんとに良いチームだなあ〜と思います)

一方で「上手い人がいるから自分が1位になるのは無理だろう」と客観的に見ているこめかみハートくん。なのに何で本番であんな良かったんだろうw

練習で何があったんだ。こめかみドキュメントがもっと観たかった!

アナザーストーリーみたいな感じで、本来ボーカルであるこめかみハート&ソンヨンくんが何故本番のあの出来までいけたのか、面白い歌詞が書けたのかをもっと追ってほしいです。是非。スンヨンくんがアドバイスしてる場面もありましたが、そこんとこもっと詳しく〜!

チータ先生のレッスンでは「よっぽどファンじゃないかぎり、(あなたたちのステージ)見たり聴いたりしない」と厳しめのことを言われてしまいます。(今なら言える。私は見聴きするぞ!!!!)そして練習。

 

 

むかえたリハでは、先生たちから大好評でした。

スンヨンくんは「苦手なものは何なの?」「欠点がないのが短所ね」とべた褒めされます。しかも教えるのも上手いというね。年下だけど会社にこんな先輩ほしい…!!

「天才」と言われプレッシャーが大きいドヒョンくんも「大物になるわ」と太鼓判を押されます。

 

このチーム、チーム名が59位と60位を足した数である119(消防署)で、「国プ、助けてください!」という意味だそうです。

何ともいじりづらい順位のことを積極的にいじっていくというw

バーコードチームのことも、腫れものに触るようにするよりかは積極的にいじるべきなのかな?と思い始めました。「この空気の悪さまるでバーコードじゃんw」みたいな?

 

ところでちょいちょい映るウォンヒョクくんがいちいちハイテンションで可愛いw拍手の音もでかいw

 

こめかみハートくん「歌詞に共感してもらえるかが重要です」(あと言ってないけどこめかみハートをどこにぶっこむかも重要です)

ソンヨンくん「緊張より期待のほうが大きいです」

↑チームの風通しの良さを感じる言葉です…。

 

本番前、スンヨンくんの「ネッコ」 のパートがすでに他の練習生の間で流行っているw

リハで見たのかな。スンヨンくんの、Bクラスチームメイトからの愛されっぷりよ…。


[ENG sub] [6회] ′의기투합 네 명의 소년들!′ 119ㅣ지코 ♬말해 Yes Or No @포지션 평가 190607 EP.6

 良いですね!こっちも楽しくなる〜

和訳見るとさらに面白い〜

こめかみハートくんのラップの歌い方?話し方?が好きです。ストーリーテラーや!

ジェスン先生が「順位の関係なさを見せつけた!」って言ってましたがほんとそれ!

たとえば5位が最下位だとしたら、4位が一番やばいような気がする。なんとなく。

 

わ〜寝なければ!말해 Yes Or Noチーム最高だった〜!

 キムソンヨンピッピッピック!チェスンヨン俺のもの〜!